傍ら汗デートで赤っ恥

とにかく側汗が凄いんです。全体的に汗っかきな因習ですが、特に面持ちからの汗と側からの汗は半端なく、とある体型を超えると突然ぶわっと汗が噴き出してきて、夏場はハンド手拭いが手放せないくらいです。でも面持ちからの汗はまだ救いがあります。思いとして拭けば良いのですから。ただし、側の汗はどれだけ噴き出してきてもいちいち衣服の中にコツを突っ込んで拭く意義にもいきません。様々な制汗剤も活かしましたが、臭気は抑えられるものの汗がぴたっと居座るような一品は未だに出会っていません。
それは亭主と付き合い始めてまだ一月の位でした。まだ早春だというので油断していたあたいが悪いのでしょうが、あたいはデートにあろうことかグレーの衣服を身につけていってしまったのです。勿論、自分の汗かき因習を忘れていたわけではありません。亭主に側汗を見られたくない一心で、買ったばかりの当事者(側の部分にパットが五臓六腑されて側汗を吸収して受け取るは)を着用していったのです。もうそれで、あたいはすっかり平安しきっていました。どれだけ歩いても緊張しても、こういうパットが私の大量の側汗を一般吸収してくれるだろうと。
今となっては、何故買ったばかりのその当事者をそこまで過信していたのか、自分が信じられません。多分、一般的な側汗であればその当事者で汗をカバーするには大丈夫だったのでしょうが、私の側汗は特異だったようで、結末を言いますと、私の側汗はその当事者を透過してグレーの衣服にばっちり黒い汗ジミを作ったのでした。幸い亭主は笑い飛ばしてくれて、汗が原因でどうこう陥るはなかったのですが、あたいは死ぬ程恥ずかしかったです。あの日以後、あたいはグレーの衣服を一度も身につけた事はありません。ミュゼプラチナム口コミどう?全身脱毛効果と料金・ネット予約まとめ